カウンター
あなたは3482876人目です。
300万アクセス達成(2017/8/15)
学校案内学校生活進路情報部活動中学生の皆さんへ(入試情報)学校説明会・見学会SSH(スーパーサイエンスハイスクール)卒業生の皆さんへさくら会(同窓会)事務室よりPTAのページ教職員の方へ(人事応募等)学校自己評価システムシート学校の活性化・特色化方針いじめ防止対策基本方針教科書選定に係る基本方針ホームページ作成ガイドラインサイトポリシー
所在地
〒360-0031
 埼玉県熊谷市末広2丁目131番地        
  JR熊谷駅北口より徒歩8分
  地図を表示する
 tel 048-521-0015
 fax 048-520-1052
 お問い合わせ先(メール)
 *中学生及びその保護者の皆さんは
  
seitoboshu@kumajo-h.spec.ed.jp      
   *その他、一般の方
  info-z@kumajo-h.spec.ed.jp
 
リンク

さくら会(同窓会)

埼玉県教育委員会

県公立高校へのリンク

・アドビリーダー
 (PDFファイルを見るために必要)
 下の画像をクリックしてください。
 
 県教育委員会 「学力の向上」ページへ

 

 
アクセス状況
オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人
登録ユーザー85人

学校生活(見たい項目をクリックしてください)

・ 学校行事(主な年間行事の一覧表)

・ 国際交流

・ 鈴懸祭(文化祭・体育祭)


 
学校生活
12345
2018/02/15

埼玉県立大学出張講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50

2月13日(火)の放課後に、本校視聴覚室で、
 埼玉県立大学出張講座 『看護師はどんな仕事をするのかな?』
が開催され、1,2年の生徒が42名参加しました。埼玉県立大学からは
保健医療福祉学部看護学科の新井先生、看護学科の学生5名(全員熊谷女子高校卒業生です)、
及び入試担当の柳沢様に来ていただきました。
 例年、埼玉県立大を志望する生徒はとても多く、参加した生徒は皆真剣に話を聞いていました。
07:28 | 投票する | 投票数(2)
2018/02/13

卒業生との座談会(2学年)

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員57
2月9日(金)の放課後、2学年で希望生徒対象に、「卒業生との座談会」を行いました。5つの大学、7名の本校卒業生の皆様に来校を依頼したところ、快諾していただき今日を迎えることができました。座談会では、卒業生の皆様より大学を選んだ理由、大学生活について、受験勉強のアドバイス等、後輩に向けてのアドバイス等の話がありました。


参加した生徒は、熱心に聴き入り、質問をして、受験に向けて意欲を向上させていました。卒業生の皆様には、忙しい時期にも関わらず、本校生徒のために来校して、このような機会をつくって頂きありがとうございました。
10:54 | 投票する | 投票数(2)
2018/01/24

2学年保護者会

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員57

1月20日(土)14時00分から15時40分に、2学年保護者会が本校食堂を会場に行われました。気温が低く寒い日でしたが、206名の保護者の皆様にご出席をいただきました。
内容は学年主任より2学年の現状の報告、その後、駿台予備学校大宮校校舎長様より、「親子で乗り切る大学入試」という演題での講演でした。
09:24 | 投票する | 投票数(2)
2017/11/04

国際女性会議(WAW2017)に参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50

 11月2日(木)に東京都港区の東京プリンスホテルで開催された国際女性会議「WAW!2017」のパネルディスカッション「女性・平和・安全保障 政策から実施へのギャップを埋める取組」に本校生徒5名が参加しました。
 大学教授、国会議員、国連職員など世界各国で活躍する女性が意見交換しているのを間近で聞き、生徒は大いに刺激を受けていました。

14:17 | 投票する | 投票数(0)
2017/10/29

生徒の統計グラフ入賞作品が展示されました(新宿駅西口広場)

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50
 10月28日(土)、29日(日)の2日間、新宿駅西口広場 イベントコーナーで開催された「統計データ・グラフフェア」で、本校生徒が作成し埼玉県統計グラフコンクール・パソコン統計グラフの部で知事賞(1等)を受賞した作品「日本と世界の森林の現状」が展示されました。(この催しは終了しました)



 ・上の写真で右側のものが本校生徒の作品です
20:58 | 投票する | 投票数(3)
2017/10/16

2年 修学旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50
 2年生は10月3日(火)日から6日(金)まで3泊4日の日程で広島、関西方面へ修学旅行に行きました。行程は次の通りです。詳しい内容は『続きを読む』をクリックしてご覧ください。
 1日目:広島で平和学習
 2日目:広島から京都へ班ごとに移動し、神戸、姫路、大阪など、
      各班が決めたコースで研修
 3日目:京都・奈良1日班別研修
 4日目:京都・奈良班別研修(午前)

(広島市平和記念公園にて)



07:22 | 投票する | 投票数(4)
2017/10/07

統計グラフコンクール 知事賞受賞しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭a
第68回埼玉県統計グラフコンクールにおいて
本校1年、宮下葉南子、三橋花、村田彩羽、森杏子の作品が
知事賞(1等)を受賞しました!

作品はこちら↓
統計グラフコンクール作品.JPG
08:56 | 投票する | 投票数(0)
2017/10/02

新聞活用しての授業

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭a
 本校の授業での取組が、新聞(読売新聞)に取り上げられました。

 1年生の生物基礎の授業において、「新聞記事を活用してレポートを作成しなさい。」という夏休みの課題をもとに、発表を行っているという内容です。

 課題の内容は以下のとおりです。
  <1>動物、<2>植物、<3>医療関係、<4>環境・農業
  の4つの分野において、興味のある新聞記事をそれぞれ選び、記事の要旨をまとめ、
  自分の意見を記述する。

 生徒が扱った記事は、「相次いで発見されたヒアリ」「上野動物園のパンダ」「大地震・大噴火」「iPS細胞」等、多様な記事に及びました。ネット社会で新聞の活字に親しむことが少なくなっている昨今、新聞をじっくり読み、考えることができ、生徒にとって良い機会となりました。

 読売新聞の10月1日(日)の埼玉県版に取り上げられています。是非、ご覧ください。

 
13:12 | 投票する | 投票数(0)
2017/06/19

校内バレーボール大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理者1

6月15日(木)、毎年恒例の校内バレーボール大会が開催されました。
梅雨時にもかかわらず、好天に恵まれ、
体育館と校庭を会場にして、大熱戦が繰り広げられました。
各コートともに、応援の生徒たちの黄色い歓声が響き渡り、
クラスの和がいっそう深まる行事となりました。
優勝は2年8組、準優勝は3年7組、3位は3年8組と1年2組でした。
おめでとうございます。
また、各クラスで一生懸命取り組んだ皆さん、お疲れ様でした。

 
12:55 | 投票する | 投票数(1)
2017/05/11

【3年】 東大生物生産工学研究センター 訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員39
4月25日(火)、東京大学生物生産工学研究センターを訪問しました。
2月19日(日)に座談会にて女性研究者についてお話してくださった東大助教の水口さんにお願いしたところ、快く引き受けて下さり、3年生の希望者とともにさまざまな設備や実験を見学し、模擬講義を体験することができました。
以下は、参加した生徒の感想より抜粋した当日の様子と、実験や講義の写真です。


●当日は、主に大学の研究施設の見学をしたり、大学院生や准教授の方による体験も含めた研究内容についての講義を受けたりしました。
最先端の研究は、とても興味深いものばかりで、非常に面白かったです。
また、大学は外国からの留学生が多く、様々な価値観を持つ人々と交流し、刺激し合える環境にあることを肌で感じることができました。
大学生活が楽しみになるのとともに、より深い意味での学習に対する意欲が増しました。
貴重な経験をさせて下さった先生方や、大学関係の方に感謝しています。
ありがとうございました。


●普段は見られない東京大学農学部の研究室を見学し、模擬講義を受けたり、大学院生と実験を行えたのは、本当に貴重で素晴らしい体験でした。
微生物の実験では、顕微鏡での酵母とヤクルト菌の観察、植物の実験では、DNAの電気泳動を行いました。
大学院の高度な研究と、それに日々励む大学院生の志が垣間見られました。
模擬講義では、イネで作られる「モミラクトン」という化合物の性質や、汎用性や将来の展望を知ることができました。
中国の大学と共同研究を行っていると聞き、東京大学の研究は世界に通用するものなのだなと感じました。
私も世界で通用する研究を目指して、大学の学習に励みたいと思いました。
そのためにも、自分の志望大学に合格できるように、日々勉強していきたいと思います。

●今回、東京大学生物生産工学研究センターを訪問して、研究室の見学や大学院生の方と一緒に実験をさせていただきました。
研究室には初めて見る機材がたくさんあり、とても興味深かったです。
キャンパスツアーでは、平日に行けたこともあり、学生の普段の生活する姿をよく見ることができ、大学の雰囲気を感じることができました。
また、様々な国から留学生が来ており、一緒に研究ができるのは素敵だなと思いました。
大学院生の方から聞いたお話はどれもためになるものばかりで、特に印象に残っている言葉は「やりたいことをやった方がいい」です。
今回の訪問で、とても多くのことを学び、感じることができました。
また、進路選択の幅も広がったので、これからの進路決定や生活に役立てていきたいと思います。

様々な実験器具や機材を見せていただきました。
▲様々な実験器具や機材を見せていただきました。

実験器具の使い方
▲実験器具の使い方を教えていただきました。

実際に使用
▲実際に使ってみています。

電気泳動
▲電気泳動を行いました。

模擬講義
▲環境保全工学研究室の准教授、岡田憲典先生より、模擬講義を頂きました。

記念写真
▲「上野英三郎博士とハチ公」像にて記念撮影をしました。

18:50 | 投票する | 投票数(1)
12345