カウンター
あなたは3725066人目です。
300万アクセス達成(2017/8/15)
学校案内学校生活進路情報部活動中学生の皆さんへ(入試情報)学校説明会・見学会SSH(スーパーサイエンスハイスクール)卒業生の皆さんへさくら会(同窓会)事務室よりPTAのページ教職員の方へ(人事応募等)学校自己評価システムシート学校の活性化・特色化方針いじめ防止対策基本方針教科書選定に係る基本方針ホームページ作成ガイドラインサイトポリシー
所在地
〒360-0031
 埼玉県熊谷市末広2丁目131番地        
  JR熊谷駅北口より徒歩8分
  地図を表示する
 tel 048-521-0015
 fax 048-520-1052
 お問い合わせ先(メール)
 *中学生及びその保護者の皆さんは
  
seitoboshu@kumajo-h.spec.ed.jp      
   *その他、一般の方
  info-z@kumajo-h.spec.ed.jp
 
リンク

さくら会(同窓会)

埼玉県教育委員会

県公立高校へのリンク

・アドビリーダー
 (PDFファイルを見るために必要)
 下の画像をクリックしてください。
 
 県教育委員会 「学力の向上」ページへ

H29banner
 

 
アクセス状況
オンラインユーザー24人
ログインユーザー0人
登録ユーザー85人

校長からのメッセージ       

                     
                     【校長 槙 拓治】 第35代校長(平成29年4月着任)

100年を超える伝統、その先に。


 
埼玉県立熊谷女子高等学校は、明治44(1911)年に創立され、今年で108年を迎えた県北を代表する伝統校です。卒業生は、熊谷女子高生だけでも3万人を超えていますが、熊谷女子高校で学んだ人に、そして今、学んでいる生徒たちに共通して流れているものは、澄みわたる校歌の旋律と洗練されたサクラの校章への誇りでしょう。校歌にある象徴的な三つの言葉から、まもなく熊女生になるみなさんにメッセージをお届けします。 

一、学びの道

 真摯(しんし)に学びの道を歩むことは、熊女生の使命です。本校は、開校以来一世紀の時を経て、なお「県北の名門」として高い評価をいただいていますが、それは「自主、そして自律」という普遍の真理が、熊女の伝統として継承されているからと、私は考えています。高い専門性と優れた指導力を持った本校教員が、質の高い授業や探究活動で、また隔週土曜授業や進学補習などで、みなさんの学びを、第一志望での進路実現を支えます。

二、やさしき心

 やさしき心は人と人とのかかわりの中ではぐくまれます。熊谷女子高校での3年間は、みなさんの長い人生においても、もっとも多感で、もっとも生命力に溢れた時期です。自分の理想とする姿を、部活動で、学校行事で、学習で、とことん追求してください。一つのことを極めようとするものがやさしき心を持ちます。

三、花の冠

 学校案内の表紙にある「かざさん花の冠を」は、校歌の最終節にあり、校歌全体を、そして熊谷女子高校での高校生活を結ぶ言葉です。花の冠は、一人ひとりの夢であり、目標です。「かざさん」は、さあ追い求めようという気持ちを表しています。このことばは、みなさんが高校生活で何度となく向き合うことばです。すばらしい仲間と充実した高校生活を送ってくれることを願っています。


 最後に、メッセージのタイトルになっている「100年を超える伝統、その先に。」について

 私は、その先に、世界に通用する教育活動を実践する学校を見ています。

 探究の深化と知の総合化が推進されているか、ボランタリズム(自発的精神)が生徒の行動につながっているか、優れた進学実績をあげているか、などが、実現の度合いを計る主な指標となるでしょう。

 それらは、現在、本校が取り組んでいる事業であり、また今後、力を入れて行こうとしている領域にあるものです。

 100年を超える伝統、その先に。一緒に進みましょう。
 

   まもなく熊女生になるみなさんへ 

埼玉県立熊谷女子高等学校長  槙 拓治