カウンター
あなたは4036250人目です。
300万アクセス(2017/8/15) 400万アクセス(2019/5/29)
学校案内学校生活進路情報部活動中学生の皆さんへ(入試情報)学校説明会・見学会SSH(スーパーサイエンスハイスクール)卒業生の皆さんへさくら会(同窓会)事務室よりPTAのページ教職員の方へ(人事応募等)学校自己評価システムシート学校の活性化・特色化方針いじめ防止対策基本方針教科書選定に係る基本方針ホームページ作成ガイドラインサイトポリシー
所在地
〒360-0031
 埼玉県熊谷市末広2丁目131番地        
  JR熊谷駅北口より徒歩8分
  地図を表示する
 tel 048-521-0015
 fax 048-520-1052
 お問い合わせ先(メール)
 *中学生及びその保護者の皆さんは
  
seitoboshu@kumajo-h.spec.ed.jp      
   *その他、一般の方
  info-z@kumajo-h.spec.ed.jp
 
リンク

さくら会(同窓会)

埼玉県教育委員会

県公立高校へのリンク

・アドビリーダー
 (PDFファイルを見るために必要)
 下の画像をクリックしてください。
 
 県教育委員会 「学力の向上」ページへ

H29banner
 

 
アクセス状況
オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人
登録ユーザー85人

学校生活(見たい項目をクリックしてください)

・ 学校行事(主な年間行事の一覧表)

・ 国際交流

・ 鈴懸祭(文化祭・体育祭)


 
学校生活 >> 記事詳細

2018/08/23

SSH指定女子高校等研究交流会(お茶の水女子大学)に参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員50

 8月20日(月)に、お茶の水女子大学で「SSH指定女子高校等研究交流会」が開催され、本校からは科学部1年生の5名を含む9名の生徒が参加しました。
 茨城県立水戸第二高校、群馬県立前橋女子高校、栃木県立宇都宮女子高校、浦和第一女子高校、川越女子高校及び本校の6校から、総勢140名の生徒が集まりました。
 開会行事のあと、お茶大副学長の千葉和義先生から課題研究で重要な2つのことは「驚くこと」と「勇気」だというお話がありました。
 研究テーマを見つけるにあたって、他の人が何とも思わないことに気づき、「驚く」こと、そしてそれを研究テーマとして、うまくいかないのではないか?という不安を乗り越えて研究を進めていく「勇気」が大切だとのことです。
 その後、各分野に分かれて実験や講義に参加し、最後に各校の生徒が各自の課題研究について話す交流会を行いました。

(左)生物:花の色素を取り出す実験         (右)数学講義「パラドックスについて考える」

(左・右)体の動きを計測し、データをもとに、高齢社会に対応した機器のデザインについて考える
08:36 | 投票する | 投票数(0)