カウンター
あなたは4036294人目です。
300万アクセス(2017/8/15) 400万アクセス(2019/5/29)
学校案内学校生活進路情報部活動中学生の皆さんへ(入試情報)学校説明会・見学会SSH(スーパーサイエンスハイスクール)卒業生の皆さんへさくら会(同窓会)事務室よりPTAのページ教職員の方へ(人事応募等)学校自己評価システムシート学校の活性化・特色化方針いじめ防止対策基本方針教科書選定に係る基本方針ホームページ作成ガイドラインサイトポリシー
所在地
〒360-0031
 埼玉県熊谷市末広2丁目131番地        
  JR熊谷駅北口より徒歩8分
  地図を表示する
 tel 048-521-0015
 fax 048-520-1052
 お問い合わせ先(メール)
 *中学生及びその保護者の皆さんは
  
seitoboshu@kumajo-h.spec.ed.jp      
   *その他、一般の方
  info-z@kumajo-h.spec.ed.jp
 
リンク

さくら会(同窓会)

埼玉県教育委員会

県公立高校へのリンク

・アドビリーダー
 (PDFファイルを見るために必要)
 下の画像をクリックしてください。
 
 県教育委員会 「学力の向上」ページへ

H29banner
 

 
アクセス状況
オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人
登録ユーザー85人

SSH 【指定年度:平成24年度~29年度】

 熊谷女子高校は平成24年度から29年度までの6年間、文部科学省からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定され、『~21世紀型の学力「生きる力」を持つ女性の育成~』を研究開発課題として取り組んでおりました。

 現在、SSHの指定期間に取り組んできた活動である探究活動や、大学での研修や交流会(京都大学、お茶の水女子大学、等)等、継続して行っております。

 引き続き、「生徒のサイエンスリテラシーを高める」、「生徒の論理的思考力を高める」、「生徒の自己表現力を高める」に向けて取り組んでいます。





平成29年度研究開発実施報告書(経過措置1年次)
  PDFファイルで掲載しますので下のリンクをクリックしてご覧ください。(H30/4/5掲載)
   ファイルサイズが大きいので分割してあります。
   H29SSH報告書-1.pdf
  H29SSH報告書-2.pdf  H29SSH報告書-3.pdf  

 平成28年度研究開発実施報告書(第5年次)
  PDFファイルで掲載しますので下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ファイルサイズが大きいので分割してあります。(H29/4/3掲載)
  H28SSH報告書-1.pdf  H28SSH報告書-2.pdf  H28SSH報告書-3.pdf
  H28SSH報告書-4.pdf  H28SSH報告書-5.pdf
 

SSH活動報告

SSH活動報告 >> 記事詳細

2018/03/16

埼玉大学留学生との交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員25
平成30年3月15日(木)、本校化学実験室、化学講義室で「埼玉大学留学生との交流会」が実施されました。この行事は、SSCの生徒が埼玉大学留学生に、自分たちの研究について英語で発表し、アドバイスを頂くというものです。留学生自身の研究テーマについても聞くことができます。今年は1・2年のSSC生徒11グループ・31名が参加、埼玉大学からは3名の留学生、そして本校ALTのマイカ先生も聴衆として参加しました。

(留学生(左から)アブヒさん、イリカさん、チェンさん、ALTマイカ先生)

簡単な開会式のあと、さっそくプレゼンテーションが始まりました。2年生は2回目、1年生は初めての英語プレゼンです。2年生は昨年より上手にできるか、1年生は初めてで失敗しないか、それぞれに緊張感を持ってプレゼンをしていました。

実際のプレゼンはどうだったでしょうか。







写真が示すように、みんな堂々と発表し、留学生からの質問にもしっかり答えることができました。もちろん、英語の質問を聞き取ることは大変ですし、英語で回答することはもっと大変です。しかし、片言でも留学生とのやり取りを通して、お互いが分かりあった時には、達成感があったと思います。プレゼンの最中にでも、SSCのプレゼン力がグングン上がっていくのが分かりました。

2時間以上の行事でしたが、あっという間に過ぎてしまいました。生徒からはもっと話したかった、留学生の研究についても聞きたかったという感想が聞かれました。また、留学生も「今まで知らなかったことをたくさん学べた」「自分の国(インド)の学校にはこのような行事がない。ぜひ紹介したい」との言葉を頂きました。



自分が伝えたいことがあれば、語学は上達します。自分たちの研究成果という、伝達する情報を持っているSSCの生徒はその点、非常に有利です。今回の経験から、日頃の英語授業も新鮮な気持ちで受けられるようになるのではないでしょうか。
17:32 | 投票する | 投票数(2)
COUNTER238544
2013/2/26より