カウンター
あなたは3825314人目です。
300万アクセス達成(2017/8/15)
学校案内学校生活進路情報部活動中学生の皆さんへ(入試情報)学校説明会・見学会SSH(スーパーサイエンスハイスクール)卒業生の皆さんへさくら会(同窓会)事務室よりPTAのページ教職員の方へ(人事応募等)学校自己評価システムシート学校の活性化・特色化方針いじめ防止対策基本方針教科書選定に係る基本方針ホームページ作成ガイドラインサイトポリシー
所在地
〒360-0031
 埼玉県熊谷市末広2丁目131番地        
  JR熊谷駅北口より徒歩8分
  地図を表示する
 tel 048-521-0015
 fax 048-520-1052
 お問い合わせ先(メール)
 *中学生及びその保護者の皆さんは
  
seitoboshu@kumajo-h.spec.ed.jp      
   *その他、一般の方
  info-z@kumajo-h.spec.ed.jp
 
リンク

さくら会(同窓会)

埼玉県教育委員会

県公立高校へのリンク

・アドビリーダー
 (PDFファイルを見るために必要)
 下の画像をクリックしてください。
 
 県教育委員会 「学力の向上」ページへ

H29banner
 

 
アクセス状況
オンラインユーザー20人
ログインユーザー0人
登録ユーザー85人

学校生活(見たい項目をクリックしてください)

・ 学校行事(主な年間行事の一覧表)

・ 国際交流

・ 鈴懸祭(文化祭・体育祭)


 
学校生活
12345
2019/01/12

熊女の強みを伝える動画

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員37
昨年秋に、「熊女の将来を考える研修会」を開きました。
教職員が小グループに分かれ、熊女の強みと弱みを挙げ、目指す生徒像を考えました。
様々な観点からいろいろな意見が出され、目指す生徒像として

 自分で考えて主体的に行動できる、自立した生徒

を挙げました。

教職員が熊女の強みをどう考えているか、生徒にも伝えたいという声がありました。
そこで、生徒、保護者や地域の皆様、中学生の皆さんに向けて熊女の強みを紹介します。

  YouTubeに接続します→→→ https://youtu.be/3-6anLIS0QE
11:29 | 投票する | 投票数(3)
2018/12/27

くまじょ科学実験・体験フェスタ

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員50

 12月22日(土)に本校で『くまじょ科学実験・体験フェスタ』が開催されました。
晴天に恵まれ、小学生約250名と保護者の方が参加し、熊女生による実験や工作を楽しんでいました。

08:44 | 投票する | 投票数(0)
2018/12/06

城西大学薬学部研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員50


 11月24日(土)に、生徒21名が城西大学薬学部での研修に参加しました。

午前は薬学部 医薬品安全性学講座の井上先生より薬剤師の仕事についてのお話を伺い、
2種類の薬剤を混合して軟膏を作る実験を行いました。

午後は薬学部 臨床薬理学講座の木村先生の指導で、マウスの腸管の運動に薬剤が
どのような影響を与えるか観察する実験を行いました。
 参加した生徒はほぼ全員医療系の学部を志望していて、今回の研修は将来の進路について
考える良い機会となりました。


16:57 | 投票する | 投票数(0)
2018/12/06

本田技研 女性研究員 訪問授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員50

 11月20日(火)放課後に本校化学実験室で本田技研工業 研究員の
益田先生による訪問授業があり、本校生徒21名が参加しました。
『心理学』×『人と機械のインタラクション』について という題で、
大学で先生が学んだ心理学が、自動車エンジニアとしての先生の仕事に
どう生かされているかについて、お話を伺いました。
 授業では、
 ・高校の時にどのように考えて進路を決定したか
 ・心理学とはどのような学問か
 ・エンジニアの仕事とはどのようなものか
 などについて、先生の経験をもとにわかりやすく話していただきました。


上の写真は、ショッピングモールではたらくロボットを作るとしたらどんなロボットが良いかを
みんなで話し合い、様々な意見を発表しているところです。
服のコーディネートをアドバイスしてくれるロボットがいい、という意見が多かったです。
 参加した生徒は文系、理系両方いましたが、エンジニアの仕事について知ることができた、
将来の進路決定に参考になった、という感想が多かったです。

*続き部分に参加した生徒の感想を掲載しましたのでご覧ください。
 

 
07:54 | 投票する | 投票数(0)
2018/11/05

科学の甲子園埼玉県大会に参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員50

 11月4日(日)に行田市にある総合教育センターで「科学の甲子園 埼玉県大会」が開催されました。本校からは2年生の6名(1チーム)が参加しました。

  科学の甲子園には
筆記試験と実技試験があります。実技試験の課題は事前に試作する必要があり、2学期中間考査のあと、10月下旬に何回かみんなで集まって課題の制作を行いました。


入賞はなりませんでしたが、参加した生徒はよく健闘しました。

「続き部分」に参加した生徒の感想を載せました。

12:15 | 投票する | 投票数(1)
2018/10/03

修学旅行 終了報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 教頭a
修学旅行団は、10月3日(水)予定通り東京駅に到着し、無事解散となりました。
旅行中の様子は、2学年のページに掲載しています。ログインの上、ご覧ください。
16:59 | 投票する | 投票数(2)
2018/09/30

修学旅行 現地の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員101
2年生修学旅行の現地での様子(速報)については、2学年のページで見ることができます。ログインしてご覧ください。
12:35 | 投票する | 投票数(6)
2018/08/23

SSH指定女子高校等研究交流会(お茶の水女子大学)に参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員50

 8月20日(月)に、お茶の水女子大学で「SSH指定女子高校等研究交流会」が開催され、本校からは科学部1年生の5名を含む9名の生徒が参加しました。
 茨城県立水戸第二高校、群馬県立前橋女子高校、栃木県立宇都宮女子高校、浦和第一女子高校、川越女子高校及び本校の6校から、総勢140名の生徒が集まりました。
 開会行事のあと、お茶大副学長の千葉和義先生から課題研究で重要な2つのことは「驚くこと」と「勇気」だというお話がありました。
 研究テーマを見つけるにあたって、他の人が何とも思わないことに気づき、「驚く」こと、そしてそれを研究テーマとして、うまくいかないのではないか?という不安を乗り越えて研究を進めていく「勇気」が大切だとのことです。
 その後、各分野に分かれて実験や講義に参加し、最後に各校の生徒が各自の課題研究について話す交流会を行いました。

(左)生物:花の色素を取り出す実験         (右)数学講義「パラドックスについて考える」

(左・右)体の動きを計測し、データをもとに、高齢社会に対応した機器のデザインについて考える
08:36 | 投票する | 投票数(0)
2018/08/07

京都大学研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員50

 7月25日(水)から27日(金)までの3日間、北関東の女子高校(群馬県立前橋女子高校、茨城県立水戸第二高校、浦和第一女子高校、川越女子高校、本校)が合同で京都大学研修を行いました。全体では15名、うち本校からは6名の生徒(1年生4名、2年生2名)が参加し、理学部(数学・物理分野、化学・地学分野)および放射線生物研究センター(生物分野)にそれぞれ分かれて研修を行ってきました。
 内容は講義、実験のほか、京都大学の学生さんとの懇談会もあり、生徒は大学の雰囲気や、大学での研究や講義はどのようなものかを感じ、多くの刺激を受けてきました。

07:57 | 投票する | 投票数(0)
2018/05/09

東京大学生物生産工学研究センターを訪問しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 熊女職員58
4月25日(水)開校記念日に東京大学生物生産工学研究センターに訪問し、微生物の実験・植物の実験等をセンター所属の先生・大学院生にご指導いただき行ってきました。平日のため研究センターが通常通り研究を行っている場所にお邪魔して、通常の研究室を体験することができ、また、大学院(マスター・ドクター)の大学での生活や普段の生活、高校時代の勉強方法・使用した問題集なども聞くことができ、参加した生徒は大変参考になったようです。

微生物の実験の様子


植物の実験の様子


講義の後、東京大学を散策しました。
安田講堂前にて


東大赤門前にて


東大中央食堂にて昼食


生徒の感想です。
・私たちは、光合成色素、乳酸菌に関する実験を体験させていただきました。遠心分離機を生で初めて見て、とても興奮しました。(3年)
・大学院生にお話をお聞きし、自分の興味のある分野を見つけてずっと研究をしていることはすごいなと思いました。設備も整っていて素晴らしい環境でした。(3年)
・農学部は想像していたよりも化学的な感じがして印象が変わりました。東大には色々な特技を持った人がいて面白そうだと思いました。(3年)
・今回の訪問を通して、生物学は身近にある微生物や植物について研究していることが分かり興味がわきました。貴重な体験でした。(1年)

また機会がありましたら、行いたいと思います。
17:08 | 投票する | 投票数(4)
12345