カウンター
あなたは2959247人目です。
200万アクセス達成(2016/2/17)
学校案内学校生活進路情報部活動中学生の皆さんへ(入試情報)学校説明会・見学会SSH(スーパーサイエンスハイスクール)卒業生の皆さんへさくら会(同窓会)事務室よりPTAのページ教職員の方へ(人事応募等)学校自己評価システムシート学校の活性化・特色化方針いじめ防止対策基本方針教科書選定に係る基本方針ホームページ作成ガイドラインキャビネット
所在地
〒360-0031
 埼玉県熊谷市末広2丁目131番地        
  JR熊谷駅北口より徒歩8分
  地図を表示する
 tel 048-521-0015
 fax 048-520-1052
 お問い合わせ先(メール)
 *中学生及びその保護者の皆さんは
  
seitoboshu@kumajo-h.spec.ed.jp      
   *その他、一般の方
  info-z@kumajo-h.spec.ed.jp
 
リンク

さくら会(同窓会)

埼玉県教育委員会

県公立高校へのリンク

・アドビリーダー
 (PDFファイルを見るために必要)
 下の画像をクリックしてください。
 
 県教育委員会 「学力の向上」ページへ
 
 

 
アクセス状況
オンラインユーザー42人
ログインユーザー0人
登録ユーザー93人

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)

 熊谷女子高校は平成24年度から28年度の5年間、文部科学省からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されていました。今年度(平成29年度)は1年間の経過措置となりましたがSSH事業は継続して行っていきます。来年度(平成30年度)の指定に向けて準備を進めています。
◆ 本校の研究開発課題は、
 『  ~21世紀型の学力「生きる力」を持つ女性の育成~  』です。
【SSHの目標】
 「生徒のサイエンスリテラシーを高める」
 「生徒の論理的思考力を高める」
 「生徒の自己表現力を高める」
◆これらの目標を実現するため、事業を次の5つに整理し、
 仮説に基づき目的を明確にして各事業を実施しています。
 ①全校で取り組む熊女SSH
 ②女性研究者の育成
 ③大学や研究機関等との連携
 ④国際性を高めるための取組
 ⑤SSC(スーパーサイエンスクラブ)による課題研究の推進


 平成28年度研究開発実施報告書(第5年次)

  PDFファイルで掲載しますので下のリンクをクリックしてご覧ください。

  ファイルサイズが大きいので分割してあります。(H29/4/3掲載)

  H28SSH報告書-1.pdf
  H28SSH報告書-2.pdf
  H28SSH報告書-3.pdf
  H28SSH報告書-4.pdf
  H28SSH報告書-5.pdf
 

SSH活動報告

SSH活動報告
12345
2017/06/19

熊谷高校主催SSH英語プレゼンテーション

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員25

617日(土)熊谷市立市民ホールにて、熊谷高校主催の「SSH英語による研究発表会」が開かれ、本校SSC生徒がプレゼンテーションとポスター発表に参加しました。

ポスターセッションには、水素発生菌研究班、色と視覚研究班、廃液処理研究班、そして体幹トレーニング研究班が参加しました。抗菌効果研究班もポスターセッションを行いました。熊谷高校・熊谷西高校・熊谷女子高校の3校から5本ずつポスターが展示され、各校の生徒が他校の研究成果を熱心に聞いていました。プレゼンテーションと違って、説明中に思わぬところから質問が入るので、説明者も対応が大変です。しかしそこは、機転の利く熊女生。質問者の話をよく聞いて、誠実に回答していました。


  

プレゼンテーションは、抗菌効果研究班3人が「ハロー抗菌試験法による金属イオンの抗菌効果の検証」を発表しました。英語での発表は初めてということで、かなり緊張したようですが、そこは本番に強い熊女生。堂々と発表することができました。埼玉大学の先生(英語ネイティブの方)から英語で質問され、少し戸惑う場面もありましたが、科学的見地に立った回答ができました。


【当日参加した生徒の感想】

 私が専攻していない科目でも理解できるようにわかりやすく説明してくれたので、とても楽しかったです。口頭発表は上手にできたと思います。しかし、英語の質問のスピードが速すぎて理解できなかったので、自分の英語の勉強不足を改めて知る機会になりました。またこのような機会があったら参加したいです。

 
 自分の研究テーマをたくさんの方に見てもらい、質問や改善点などを話して下さるので、自分の今後の展望になりとても勉強になりました。また、英語の質問が来ると、何を言っているのかはわかるのに英語で答えられないので、英語力をもっとつけたいです。
 

 英語で話をすることの大変さ、難しさを改めて感じました。でも、他校の先生方との会話がとても楽しく、面白かったです。新たな発見があって引退するのが惜しくなりました。(3年生)


 自分の研究を原稿なしでもスラスラと発表できるようにしたいと思いました。いろいろなご指摘を頂けたので、とても勉強になりました。私は将来、世界で活躍するスポーツトレーナーになりたいと思っているので英語はとても重要だし、今日はとても勉強になりました。もっと時間をかけて、研究を深めていきたいです。


 日本語ではどう話したら相手に分かりやすいのかを考えて発表できるのに、英語の発表となると自分の伝えたいことがなかなか伝えることができずに自分中心で話してしまうことがあり、すごく難しかったです。英語をもっと勉強しようと思いました。


09:28 | 投票する | 投票数(4) | 英語プレゼン
2017/06/17

SS化学 探究活動

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50
 2年生のSS(スーパーサイエンス)化学授業で、6月に探究活動「アボガドロ定数の測定」が行われました。この探究活動では、化学の重要な定数であるアボガドロ定数(粒子1モルあたりの個数を表すもの)を、実験を行いデータから計算することで求めます。実験方法や、結果、考察をまとめてポスターにして発表をおこないました。実験は4種類あり、班ごとに選びました。
・実験の様子

・ポスター作り

・発表会

10:29 | 投票する | 投票数(2)
2017/06/01

SSH全校講演会 東京農工大学 久保先生

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50

5月30日(火)の午後、本校体育館でSSH全校講演会が行われました。
講師に東京農工大学 大学院工学研究院先端電気電子部門 特任准教授の久保若菜先生をお迎えし、
「ナノテクノロジーと光  ~わたしたちが使う身近なものと、どのような関わりがあるのかな?~ 」
というタイトルで、ナノテクノロジーと光技術についてご講演いただきました。

原子や分子の大きさである1nm(ナノメートル)がどれだけ小さいかを
分かりやすい例えで説明頂き、透明マントは実現できるか?など
身近な話題から、先生が行っている研究について、高校時代の話、
どのようにして志望大学を決め、研究者になったか、勤務されている
東京農工大学の紹介まで、とても興味深いお話を聞くことができました。

07:04 | 投票する | 投票数(3)
2017/02/06

熊女SSH研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50

 2月4日(土)に、平成28年度熊女SSH研究発表会が開催されました。
1,2年の全生徒と、運営指導委員、学校関係者、中学生、保護者の方々のご参加をいただき、
本校体育館で6件の口頭発表、20件を超えるポスター発表が行われました。
 今年は、口頭発表のときに質問する生徒が多く、発表した生徒もしっかりと答えていました。
 研究発表のタイトルと簡単な内容の一覧をこちらに掲載しますので、ご覧ください。
     発表会_タイトルと内容.pdf
18:07 | 投票する | 投票数(5)
2017/02/02

SS化学 探究活動2 食品分析

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50
 2年のSS化学では、今年度2回目の探究活動として、食品の成分分析を行っています。


18:00 | 投票する | 投票数(1)
2016/12/09

SS化学 先進科学講座が開催されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50

 11月16日(水)に本校で先進化学講座が開催されました。
 講師に、お茶の水女子大学理学部化学科 有機構造化学 医薬化学分野 准教授の棚谷先生をお招きし、「くすりの化学」という演題で講義いただきました。(棚谷先生の研究室ホームページはこちらです)

07:56 | 投票する | 投票数(0) | 訪問授業
2016/11/18

サイエンスダイアログ

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員25
11月9日(水)サイエンスダイアログが開かれました。今回の講師は台湾出身のツァイ先生。クジラの研究なさっています。今回のテーマは以下の2点です。
①クジラの祖先はどんな動物か?
②クジラはどうしてここまで大きくなったのか?
進化論・系統学・分類学など専門的な内容になりましたが、パワーポイントを使ってていねいに説明してくださいました。
最後に質問の時間がありましたが、お話の内容を消化するのに時間がかかり、なかなか質問ができなかったのが残念です。しかし事前学習で用意していた「クジラの祖先は陸上で暮らしていたということですが、クジラがさらに進化して海から陸に戻る可能性はあるのでしょうか」を聞いてみると、ツァイ先生はとても興味を示され、次のように回答してくださいました。「進化の過程はirreversible(逆行不可能)なので、クジラが再び陸に上がることはないでしょう。」 それは、私たちの生活がスマホや携帯電話がなかったころには戻らないのと同じことということです。先生のお話を聞きながら、クジラの祖先がいた何百万年前から現在に至るまでの時間旅行をしたように感じました。

                              
  
08:02 | 投票する | 投票数(1) | その他
2016/11/07

【SSC・科学部】サイエンスフェアに参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50
11月6日(日)に、大宮ソニックシティでサイエンスフェアがあり、県内から19の高校が参加し、研究発表と小中学生向けの実験を行いました。









05:09 | 投票する | 投票数(3)
2016/11/02

【SSC】日本銅学会で発表してきました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員36
10月30日(日)、東海大学高輪キャンパスにて、日本銅学会が主催する第56回日本銅学会講演大会で発表をしてきました。

銅学会では、各界の企業や大学の方々が銅を利用した製品などを講演する中、熊谷女子高校の「抗菌班」は、「抗菌」の分科会へ参加させていただきました。

SSCで、この抗菌班は、「ハロー抗菌試験法による金属イオンの抗菌効果」を研究しています。研究する中で、銀イオン、銅イオンをはじめとする金属イオンの抗菌効果のメカニズムを考え、その内容を発表させていただきました。

銅学会でも、はじめて高校生が発表する、ということで、発表を暖かく見守っていただき、手厚い待遇をしていただきました。

どうもありがとうございました。
 
 

18:34 | 投票する | 投票数(9)
2016/10/31

科学の甲子園 県予選に参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員50

 10月29日(土)に、行田市の総合教育センターで『科学の甲子園 埼玉県予選』が開催されました。
県全体から36チームが参加しました。本校からは2年生の2チーム(計11名)が参加し、
午前中は筆記試験、午後は実技に取り組みました。

*『続き』の部分に参加した生徒の感想を掲載しました。


 (左・右)開会式の様子

 (左)筆記試験会場   (右)実技試験会場
18:16 | 投票する | 投票数(3)
12345
COUNTER167502
2013/2/26より