カウンター
あなたは3234417人目です。
300万アクセス達成(2017/8/15)
学校案内学校生活進路情報部活動中学生の皆さんへ(入試情報)学校説明会・見学会SSH(スーパーサイエンスハイスクール)卒業生の皆さんへさくら会(同窓会)事務室よりPTAのページ教職員の方へ(人事応募等)学校自己評価システムシート学校の活性化・特色化方針いじめ防止対策基本方針教科書選定に係る基本方針ホームページ作成ガイドラインキャビネット
所在地
〒360-0031
 埼玉県熊谷市末広2丁目131番地        
  JR熊谷駅北口より徒歩8分
  地図を表示する
 tel 048-521-0015
 fax 048-520-1052
 お問い合わせ先(メール)
 *中学生及びその保護者の皆さんは
  
seitoboshu@kumajo-h.spec.ed.jp      
   *その他、一般の方
  info-z@kumajo-h.spec.ed.jp
 
リンク

さくら会(同窓会)

埼玉県教育委員会

県公立高校へのリンク

・アドビリーダー
 (PDFファイルを見るために必要)
 下の画像をクリックしてください。
 
 県教育委員会 「学力の向上」ページへ

 

 
アクセス状況
オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人
登録ユーザー93人

英語劇部


部 員 数
    
 1年 10名  2年 8名  3年 9名 *2017年4月現在
 
活 動 時 間   平日 16:00~18:00
         土(授業あり)13:30~16:00
 
コ メ ン ト   英語劇部は、埼玉県英語劇発表大会での発表を目指し、日々楽しく充実した活動をしています。また、新入生歓迎公演や文化祭公演、予餞会ステージ、新入生歓迎会ステージでも華麗な世界を繰り広げ、好評を博しています。楽しいばかりでなく、英語の発音や発声、演技力の向上など、メリットも多い部活動です。熱き心と演技で、観衆の心を揺さぶる劇を皆で作ることを目指しています。感動に満ちた実りのある高校生活を送りたい人、ぜひ英語劇部にどうぞ。
            
平成26年度県大会2位、27年度1位、28年度2位 
卒業生の主な進学先 東京外国語大学、お茶の水女子大学、埼玉大学、早稲田大学、上智大学、明治大学、立教大学、法政大学、学習院大学、國學院大學、日本大学芸術学部他
 
英語劇部 活動報告
12
2017/11/17

平成29年度埼玉県英語劇発表大会第3位入賞!

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員08

 

11月8日(水)に行われた、埼玉県高等学校英語劇発表大会(県大会)で、「
Your presence is a present」という劇を演じ、第3位に当たる『野村杯』を受賞いたしました。

野村杯とは、参加した8校がそれぞれよかったと思う劇に投票し、1位になった劇が受賞する賞です。

審査員の先生からは、シーソーやステンドグラスなどの大道具がとてもよくできていて、劇中の脳内の演出が素晴らしいと大変好評でした。

当日はキャストもスタッフも楽しんで劇を作ることができ、ステージで精一杯輝けたと思います。今後もよりいっそう頑張って参ります!Never say “Never”

【右側の生徒の染髪は演出上の理由からです。ご了承ください。】

 

 

 


15:59 | 投票する | 投票数(2)
2017/07/14

英語劇部鈴懸祭公演!

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員08


いよいよ鈴懸祭がやってきます。今年も英語劇部は公演を行います。

15日 開場13:45 開演14:00

16日 開場14:05 開演14:20

両日とも1棟3階の視聴覚室にて行います

タイトルは「Number or Favor」(ナンバーオアフェイバー)です。

「世の中は点数、ランクが全て」数字に取り憑かれた少女Karen(カレン)に問う、「本当に大切なものは何か」そして、彼女が出した答えとは?

40分ほどの劇です。写真は英語劇部のポスターです。皆様のご来場を心よりお待ちしております。


09:12 | 投票する | 投票数(3)
2017/05/09

英語劇部 2017年度新歓公演!

Tweet ThisSend to Facebook | by:熊女職員08


私達英語劇部は予餞会のオープニングで「Into the woods」を演じました。劇内で「Into the woods」「Heigh-Ho(ハイホー)」「Bibbidi-Bobbidi-Boo(ビビディ・バビディ・ブー)」「I've got a dream(誰にでも夢がある)」のナンバーを歌い踊りました。

新入生歓迎会のオープニングでは「High School Musical」をミュージカル風に演じました。どちらも明るく、ノリのいいナンバーでしたので、ノリの熊女の心をがっちりとつかめたと思います。


新入生歓迎公演では「
Snow Flake」を二日間演じました。たくさんの方がご来場してくださりました。本当にありがとうございました。台本はアナと雪の女王の原作である雪の女王を生徒がアレンジしたものです。悪魔であるJakeDianeが恐ろしい“魔法の鏡”を作ったが、突然鏡が割れてしまい世界中に飛び散ってしまう。





村に住むEmilyKaiは楽しく遊んでいた。しかし、Kaiの胸に悪魔と鏡が刺さり、Kaiの態度が変貌してしまった。そこへ雪の女王であるフリーダと手下のあるひぃーが現れ、Kaiを連れ去ってしまう。




 

雪の女王の城についた一行が目にしたものは、凍らされたKaiBetty。そこへJDが現れ、Kaiは操られてしまう。助けようとしたEmily






次回の公演は文化祭です。詳細が分かり次第お知らせします!



Kaiを助けにいくEmily。途中で盗賊のHannaChake、お金持ちのBettyMatと出会う






16:46 | 投票する | 投票数(2)
2014/12/03

英語劇部、県英語劇発表大会で上川杯

Tweet ThisSend to Facebook | by:a062641
11月19日(水)に行なわれた埼玉県英語劇発表大会で
本校英語劇部は "The Family Secret"という劇を演じ、
見事、「上川杯」に輝きました。
上川杯は母語話者の審査員が選ぶ名誉ある賞で、
本校生徒がもっとも目標としていた賞です。
また、優秀演技賞に1年生の生徒が選ばれました。
1年生とは思えないような思い切った演技で、将来が楽しみです。

審査員には、スクリプトがよくできており、ステンドグラスを始めとする
大道具も素晴らしく、音響が控えめに使われていながらここぞという
ところでは効果的、そして英語もクリアでわかりやすいと、大変好評でした。

キャストもスタッフも、英語劇部員が一丸となって創り上げたこの劇。
当日は全員が心から楽しみながら、舞台上でいきいきと生き、
観客とともに劇を作ったことが何よりも意義のあることです。

昨年、一昨年と野村杯をいただきましたが、新たなる今回の上川杯の受賞は、
英語劇部の今後の発展を予感させる受賞でした。
 

劇は主人公のMayとAnnie による登場人物紹介で始まります。両親の離婚のために13年間も別々に
暮らしていた姉妹がどのように知り合い、今の幸せな家族を取り戻したのでしょうか。
さあ、お茶目なMayとAnnieの冒険の始まり始まり…2人の大活躍をとくとご覧あれ。
  

事の発端はMayとAnnieの2人が偶然同じキャンプ合宿に参加したことに始まります。
最初2人は険悪。友達のLucyとAliceも巻き込まれ, キャンプ場のMartin校長がとりなしますが... 

キャンプ場のSmith先生は2人が姉妹かもしれないと気づきます。そこへMayがいなくなり、捜索に。
 



17:08 | 投票する | 投票数(19)
2014/08/13

英語劇部文化祭オープニングCinderella公演

Tweet ThisSend to Facebook | by:a062641
7月12日(土)に行われた文化祭オープニングでは、
3年生がミュージカル風シンデレラを演じました。
ストーリーはおなじみのものですが、
相変わらず元気な3年生の名演が光りました。

Cinderella & her step-sisters  /  Fairy godmother and Cinderella
  

Cinderella 変身中  /  Prince and his Palace
  

 Prince and Cinderella  / 靴の持ち主を探すPrince
  

 Cinderellaが見つかり、王子よりティアラ /  全校に向かって全員でメッセージ!
  
 

19:39 | 投票する | 投票数(18)
2014/08/12

英語劇部文化祭公演Family Game

Tweet ThisSend to Facebook | by:a062641
7月12日(土)に行なわれた文化祭公演ではたくさんの観客を迎え
大盛況のうちに劇を終えました。
タイトルはFamily Gameで、父母の離婚で離れ離れに育った
姉妹が、偶然キャンプで出会って姉妹であることに気づき、
もう一度家族として再出発する物語です。

出会いを回想する姉のNickyと妹のAnnie / キャンプの13年前に離婚する父のAndyと母のCarlie.
  
キャンプ出発前のAnnieと母のCarlieと執事のPhilip / キャンプ出発前のNickyと父のAndyと世話役のTracy 
  
 キャンプで出会う2人と友人のLucyとAlice / 校長先生のMr.Burberryと先生のMs.David.
  
 

15:25 | 投票する | 投票数(16)
2014/04/11

英語劇部「新入生歓迎会」でのパフォーマンス

Tweet ThisSend to Facebook | by:a062641
月9日(水)に行なわれた新入生歓迎会で
英語劇部はルパン三世を元にした
寸劇を披露しました。

おなじみのルパン三世、峰不二子、銭形警部、五エ衛門と
熊女生4人が登場する笑いと感動(?)の寸劇です。

とりわけ話題になったのは、ルパンと不二子と銭形の声を、
1人の生徒が演じ分けたことです。まったく違う声と調子で、
1人の生徒が演じたとはびっくり仰天です。

しかも、単なるドタバタ劇ではなく、
ルパンが盗もうとして盗み損ねたものーー
それは「100年以上受け継がれてきた
精神や伝統」だった、というせりふには知性を感じましたね。

それに対する銭形のせりふ「いや、やつはとんでもないものを
盗んでいきました。あなたの心です!」という落ちも、
原作からの心憎い引用で、拍手喝采を受けていました。

笑いと知性が微妙な均衡を保っている英語劇部での
3年間は楽しく充実すること間違いなし!

新入生の皆さん、ぜひ英語劇部の活動を見学に来てください。
4月14日(月)、15日(火)はさくら会館2階で活動し、
16日(水)は視聴覚室で再び新歓公演を行ないます。

以下は、当日の写真です。楽しんでください。
 

 

14:51 | 投票する | 投票数(21)
2014/04/11

英語劇部新入生歓迎公演

Tweet ThisSend to Facebook | by:a062641

4月9日(水)、10日(木)と、英語劇部による
新入生歓迎公演が行なわれました。
来週の4月16日(水)にも、もう一度視聴覚室で
公演が行われます。
新入生の皆さん、ぜひ、ご覧になってください。

今回の公演は "Twelfth Night"(十二夜)です。
この作品はイギリスの誇る偉大な文豪Shakespeareの
同名の作品を原作として、英語劇部員が熊女英語劇部用に
脚本を作成したものです。

嵐で船が難破し、別々に浜に打ち上げられた
双子の兄妹 SebastianとCherie。
二人は互いの無事を知らぬままに別々に生き延びます。

Cherieは男装してCesarioと名乗り、Owen公爵の元に
仕えるようになり、Owenに恋心を抱きます。


Owen公爵はOlivia嬢に求婚中ですが、
Olivia姫は両親の死から立ち直れず、求婚を
拒否します。
そしてこともあろうに、Owenの使いとして訪れた
Cesario(Cherieが男装した人物)に恋をしてしまいます。


もちろん、Cesarioは拒否せざるを得ません。


Oliviaに仕えるMariahとAlec、そして道化のTeresaの
絡み合いも愉快に展開されます。


また、Sebastianを救ったAntonioと
Sebastianとの友情と葛藤も描かれます。

一方、SebastianとOliviaの出会いもあり、
SebastianをCesarioと思い込んだOliviaは
猛烈アタック。


紆余曲折を経て、SebastianとCherie(Cesario)の兄妹が
再会を果たします。



Oliviaは本物の男性であるSebastianと、
Cherie(Cesario)はOwenと結婚することになり、
劇は大団円へと向かいます。


10:01 | 投票する | 投票数(22)
2014/04/03

英語劇部近況(予餞会について)

Tweet ThisSend to Facebook | by:a062641

3月13日に予餞会が行なわれ、英語劇部は初出場しました。
ピーターパンを題材としてアレンジし、3年生を送りました。
ミュージカル風なパフォーマンスに会場が沸きました。
3年生、お疲れ様でした。将来に向け、飛翔していってください。

また、新入生もぜひ英語劇部へ。みんなで楽しく夢の世界に舞いながら、
英語力も伸ばしていきましょう!

 
 
 
 


09:57 | 投票する | 投票数(21)
2013/11/30

第48回埼玉県英語劇発表大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:a062641
11月20日(水) 第48回 埼玉県英語劇発表大会が行なわれました。
本校は Alice's Friend ~Your Story~ という題目で
劇を発表し、昨年に引き続き、見事「野村杯」を受賞しました。  
 
 
物語はLewis Carrollの Alice's Adventures in Wonderland を原作として
宝塚歌劇団が上演した劇を参考に
副部長が熊女オリジナルの物語を書き上げたもので、
文化祭公演とあらすじは同じですが、主人公が
少年と少女になった、ということが大きな違いです。
(文化祭公演では少女2人が主人公でした)
 
文化祭後に脚本の改良を重ね、照明や音響、大道具小道具、衣装、
キャストの演技と英語の向上と、次々に現われる課題を粛々と乗り越え、
文化祭と比べて格段に進化した劇を演じることができました。
審査員には「ゴージャスで宝塚のようだ」「キャスト、スタッフ(裏方)を
含め、一丸となって良いものを作った」「メッセージ性が高い」と
最高のお褒めの言葉をいただきました。
 
物語は、現実の世界の厳しさに打ちひしがれ、
夢の世界に逃亡しようとする2人の主人公(Alice, Lewis)が
現実と向き合うまでの過程を描いています。
さて、物語はどのように展開するのでしょうか。
 

14:06 | 投票する | 投票数(38)
12