カウンター
あなたは3237100人目です。
300万アクセス達成(2017/8/15)
学校案内学校生活進路情報部活動中学生の皆さんへ(入試情報)学校説明会・見学会SSH(スーパーサイエンスハイスクール)卒業生の皆さんへさくら会(同窓会)事務室よりPTAのページ教職員の方へ(人事応募等)学校自己評価システムシート学校の活性化・特色化方針いじめ防止対策基本方針教科書選定に係る基本方針ホームページ作成ガイドラインキャビネット
所在地
〒360-0031
 埼玉県熊谷市末広2丁目131番地        
  JR熊谷駅北口より徒歩8分
  地図を表示する
 tel 048-521-0015
 fax 048-520-1052
 お問い合わせ先(メール)
 *中学生及びその保護者の皆さんは
  
seitoboshu@kumajo-h.spec.ed.jp      
   *その他、一般の方
  info-z@kumajo-h.spec.ed.jp
 
リンク

さくら会(同窓会)

埼玉県教育委員会

県公立高校へのリンク

・アドビリーダー
 (PDFファイルを見るために必要)
 下の画像をクリックしてください。
 
 県教育委員会 「学力の向上」ページへ

 

 
アクセス状況
オンラインユーザー58人
ログインユーザー0人
登録ユーザー93人
日本の将来をリードする人材育成事業(北部5校)活動報告
2011/08/08

5校合同 東京大学見学・合同勉強合宿

Tweet ThisSend to Facebook | by:narasaki
8月5日(金)~7日(日)に2泊3日の日程で、東京大学見学及び合同勉強合宿に参加してきました。
  この合宿には熊谷高校9名、本庄高校7名、熊谷西高校7名、秩父高校9名、そして本校7名の
計39名の1・2年生が参加しました。
 ・8月5日(金)東京大学見学…講義及び東大生との座談会、学内見学
            講演会…河合塾講師による講演「小論文の傾向と対策」
 --見学のあと、リコー東松山研修センターへ移動し、宿泊---
 ・8月6日(土)英語・数学の講義、自学自習
 ・8月7日(日)国語の講義、自学自習
   ※東大では本校卒業生で東大大学院生の南木さんが座談会や学内見学に参加されて、
   生徒達は大きな刺激を受けました。
   ※6日は講義を含め12時間の学習時間がありましたが、生徒は真剣に勉学に励んでいました。
   ※3日間、質問対応のため各学校の先生方に来ていただき、生徒は学校を超えて積極的に
   質問をしていました。

13:49 | 投票する | 投票数(1)
2011/06/19

愛媛大学医学部教授 小林直人先生 講演

Tweet ThisSend to Facebook | by:narasaki
 
  6月19日(日)の午後、平成23年度 志育成のための合同講座が、本校視聴覚室で
開催されました。北部5校(熊谷、熊谷西、本庄、秩父、熊谷女子)の生徒、保護者
約100名が参加して、熊谷高校卒業生、愛媛大学医学部教授 小林直人先生の
講演を聴きました。
 
演題 「よい医療人とは? - 高校生のうちにできること -  」

講演では、小林先生の自己紹介、研究テーマ、ドイツ留学時代の思い出、などを
伺った後、高校生からの質問を受け付けました。どんな質問にも答えていただきました。
 
  その後、課題シートを使って、よい医療とは何かを皆で考え発表し、それをもとに先生が話を
されて議論を深めていきました。
 


13:32 | 投票する | 投票数(0)

将来の科学を担う人材育成のための合同講座

 「脳を知って、脳を活かす」 平成22年1月30日(土)14時?16時 熊谷会館大ホール
 池谷 裕二 先生 東京大学・大学院薬学系研究科准教授
 
 高校生を対象に脳科学の最前線の知見を基に講演が開始されました。
 
論文は英語ですが、グラフを見ながらの解説はわかりやすい。
 
こつこつタイプの分散学習が記憶によいといういう結論に納得。
 
 
脳は体を介して、自分の置かれた状況を把握する。
 
 
 表情を明るくすると心まで明るくなる。
 
 
 すべての情報は「体」を通じて脳に入ってくる。 
 
 

講演の中では、「赤色」は学習意欲や認知機能を低下させる。
脳は「入力」より「出力」で覚える。無意識の世界の広大さ。
寝る前に暗記物は学ぶ方がよい。など興味の尽きないものばかり。
時間のたつのも忘れてしまうほど引きつけられた。
 
当日は北部5校(熊高、熊女、熊西、本庄、秩父)を始めとして
生徒・保護者・職員で700名を超える参加がありました。